堀江 登志幸
Horie Toshiyuki
2004年より、パーソナルトレーナーとして活動。自身の足部・股関節の怪我をきっかけに、トレーニングとコンディションの理論を学ぶ。日本では取得者も少ない、FMS/SFMAの資格を持ち、数値に裏付けされた正しい情報から、その人にあったトレーニング方法を提案。「スポーツ選手同様、一般の方にもパフォーマンスを高めていく事の大切さを広めていきたい」という考え方のもと、動作の改善に重点を置いた指導は、多くのクライアントから支持されている。
< 戻る
Menu